中古マンションを売却する際には、殆どの場合、不動産業者に売却手続きのサポートをお願いすることになります。
不動産業者にサポートをしていただくこと、マンションをよりスムーズに売却することができますが、不動産業者に手数料を支払う必要があります。

最近では、手数料を安くする業者も増えており、中には、手数料半額や手数料無料の業者もあるようです。
このような手数料半額/無料のような業者は、本当に信用できるのか?不安になる方も沢山いらっしゃるでしょう。

では、マンション売却時の仲介手数料について、手数料の相場、また、仲介手数料が半額や無料の業者について説明をさせて頂きますね。

マンション売却 手数料の相場は?手数料無料・半額の業者は?

・中古マンション売却時の仲介手数料について

f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_s
マンション売却時に、不動産業者に支払う仲介手数料は、下記のとおりになっております。
<
マンション売却時の手数料>
point037_04200万円以下の部分:手数料(上限)
5.4%(消費税込み)
point037_04200万円超~400万円以下の部分:手数料(上限)
4.32%(消費税込み)
point037_04400万円超の部分:手数料(上限)
3.24%(消費税込み)

少し計算式がややこしいので、もう少し、わかりやすく説明しますね。
マンションを売却する方の多くが、マンションの売却金額が400万円以上になります。
マンションを売る際の売却金額が400万円超のマンションの場合は、下記の計算をすれば手数料を確認できます。

マンション売却仲介手数料=(売却価格X3%+6万円)X1.08

たとえば、

point037_07中古マンション販売価格が3000万円の場合

仲介手数料=(3000万円X3%+6万円)X1.08
=1,036,800円

point037_07中古マンション販売価格が4000万円の場合
仲介手数料=(4000万円X3%+6万円)X1.08
=1,360,800円
となります。
マンションの価格が大きくなれば、仲介手数料は100万円以上の出費になりますので、仲介手数料は決して無視できない大きな費用になります。

なお、マンション売却仲介手数料=(売却価格X3%+6万円)X1.08の手数料計算式ですが、これは、あくまでも、最大値の手数料の計算方法になっております。
不動産業者は、この上限値以下であれば、手数料を自由に設定できます。
不動産業者によっては、上限値よりも低い金額で、マンション売却手続きを行っていただくことができます。

・マンション売却 仲介手数料は値引きできるのか?

358716
マンション売却の仲介手数料はとても高いので、できれば、値引きしたいですね。
マンションの値引きへの対応ですが、大手と中小・中堅企業では、値引きへの対応が違うようです。

point037_02大手不動産業者の場合、仲介手数料は値引きできるの?
358245

誰もが知っているような大手の不動産業者では、残念ながら、マンション売却の仲介手数料は値引きできません。ほぼすべての中古マンション売却案件について、手数料の値引きをしていただくことができません。
もし、あなたが手数料の値引きの申し出をしたとしても、嫌な顔をされてしまい、簡単に断られてしまうでしょう。

point037_02中堅・中小規模の不動産業者の場合、仲介手数料は値引きできるの?
プリント

社員100名以上の中堅の不動産会社では、大手の不動産会社と同様に、仲介手数料の値引きは難しいでしょう。
一方で、社員数名~100名以下の中小の不動産業者の場合、仲介手数料を値引きしてもらえる可能性があります。

ただ、この希望の不動産業者でも、値引きを一切しないという業者もあります。
値引きをしていただける業者については、上限値よりも、2-3割低い金額の値引きをしてもらえる可能性は非常に低いですが、だいたい5~15万円前後であれば、値引きをしてもらえる可能性は十分にあります。

仲介手数料に納得できずに、少しでも下げたいなら、手数料の値引きを申し出ると良いでしょう。
ただし、実際には、マンション売却時の仲介手数料の値引きを依頼する売り主は非常に少ないようです。
値引きを要求することで、以下のデメリットが生じやすくなりますので、値引きをしない方が多いです。

・不動産担当者が気分を害したり、やる気をなくす
361747
結果的には、マンション売却/宣伝活動がしっかりと行われずに、購入希望者がほとんど集まらず、マンション売却するまでに大幅な時間を要する/マンションを安値で売る必要が生じる。

・販売宣伝活動の費用が削減されてしまう
362756
手数料を下げてしまったことで、チラシ配布やインターネット広告にかける費用を削られてしまう可能性もあります。そうなりますと、購入希望者が少なくなり、マンションが売れなかったり、値引きして売ることになりかねません。

値引きをすることで、以上のようなデメリットがあります。
マンションの値引きを強く要求したことで、手数料が20万円安くなったとしても、売却までの期間が大幅にかかってしまったり、売却金額が50万円以上も安くなってしまったというのでは、損をしてしまいます。

ですので、高く早く売るためにも、あまりしつこく値引きを要求するのは決してやめておきましょう。

・マンション売却 手数料無料/半額の業者は信頼できるの?
362119

前述したように、マンション売却手数料の値引きをするのは、担当者が気分を害してしまい、販売活動が積極的に行われず、マンションが売れにくくなるため、あまりオススメできません。
ただ、最初から、仲介手数料を低く設定している業者については、値引き交渉をする必要が無いため、担当者は積極的にマンション売却をサポートしていただくことができます。

マンション売却手数料は、上限値以下であれば、不動産業者は自由に設定できます。極端に言えば、マンション売却時の仲介手数料は無料=0円にしても良い訳です。

最近では、実際に、マンション売却手数料を無料や半額にしている不動産業者も増えてきました。今後は、どこも一律にマンション売却の仲介手数料は3%強という状況が変わってくるかもしれません。

ただ、仲介手数料が無料/半額のように、非常に安い不動産業者については、事前にしっかりとチェックしてから申し込みをするようにしてください。仲介手数料が半額のような安い手数料の不動産業者に依頼すると、以下のデメリットが考えられます。

<仲介手数料が低い不動産業者に依頼するデメリット>
・販売宣伝活動の経費が削られてしまう

たとえば、

point037_07マンション販売価格が3000万円の場合

仲介手数料=(3000万円X3%+6万円)X1.08
=1,036,800円

になります。
これが仲介手数料半額の場合、手数料収入は、半分の518,400円となります。
つまり、マンションの売り主は、50万円以上も手数料を低くすることができるのですが、不動産業者の手数料は50万円以上も低くなってしまいます。

十分な手数料をいただくことが決まっているからこそ、広告宣伝・販促活動を積極的に行っていただくことができるのです。

その手数料が少なくなればなるほど、あなたのマンション売却に使える経費が減るわけで、広告宣伝/販促費/営業スタッフの人件費を削減されてしまうことになりかねません。チラシ配布や、インターネット広告への掲載数が大幅に減ってしまうと、購入希望者をなかなか集めることができなくなります。

結果的には、マンション売却までに時間がかなりかかってしまったり、予想よりも低い金額で売られてしまうことにもなりかねません。

仲介手数料が50万円安く得したと喜んでいても、マンション売却金額が、100万円以上も安くなってしまったということになれば、大損することになってしまいます。

このような事態をさけるためにも、仲介手数料の安さばかりを注目しないようにしましょう。

どうしても仲介手数料を安くしたいなら、仲介手数料の安い業者に依頼する際に、他の不動産業者と同じぐらいの金額で売却できるのか?、チラシやインターネットでの宣伝活動をしっかりと行ってもらえるのか?、それらを確認してから、依頼するようにしましょう。

マンション売却時に不動産業者を選ぶ際の大切なポイントは、仲介料の安さよりも、あなたのマンションを高く、売ってもらえる業者を選ぶほうが良いということを理解しておきましょう。
前述したように、仲介手数料が低くても、大幅に低い値段で売ることになったら大損することになってしまいますので、注意してください。

<不動産業者の仲介手数料について:まとめ>
正直、私なら、仲介手数料はあまり気にしません。
それよりも、「少しでも高く売却をしてもらえる不動産仲介業者」に依頼することを、不動産業者選定の際に優先をします。
販売力/宣伝力のある不動産会社に依頼をすることで、100-300万円以上も高く売れることがあるので、仲介手数料を安い業者に任せるよりも、とっても得することができます。
このような場合では、例えば、仲介手数料は上限値の120万円かかり、仲介手数料が半額の60万円の不動産仲介業者よりは高くなりますが、販売力/宣伝力のある不動産仲介業者に依頼をしたことで、200万円高く売れたということになれば、かなり得します。仲介手数料半額の業者よりも、実質的には、140万円(200-60)も得をすることになります。
以上の理由から、仲介手数料を下げることを考えるよりも、「高く売ってもらえる」不動産仲介業者に依頼する方を選択すると良いでしょう。

・マンションを高値で売るためには?不動産業者の一括査定を!
358716

マンションを高値で売るためには、販売力・宣伝力の強い、高い値段で売ってもらえる、不動産会社に依頼することが肝心です。
そのためにも、マンションを売却する際には、一社のみに査定依頼をしないで、複数の業者に一括査定することが非常に重要です。

査定金額は不動産業者によって、大きく異なります。売却/査定金額が100万円以上違うことも多々ありますし、物件によっては、300-500万円以上の差がつくことがあります。

少しでも高い金額でマンションを売却するためにも、マンション売却する際には、最低でも3社以上の不動産業者に査定依頼をするようにしてください。そして、査定金額を比べて、販売力/宣伝力があり、信用のできる不動産業者に依頼すると良いでしょう。

下記のイエウールというページでは、面倒な不動産業者への査定を、ネット経由で簡単に行うことができます。しかも、最大6社の不動産業者へ一括で査定依頼を無料で行うことができます。

サイトには、1200社以上の不動産業者が登録されており、あなたの物件に適した、不動産業者をすぐに紹介してもらえ、査定をしていただけます。

申し込みは最短、たったの60秒で行うことができます。

これからマンションを売却予定の方、また、マンションの売却価格を知りたい方は、早速、査定をしましょう。

実際に、多くの方が、イエウールで査定をしたことで、相場よりも高い金額で売ることができ、とても喜んでおられます。
中には、500万円以上!も高い値段で売ることができたという例もあります。

あなたも、マンションを、少しでも高く売って、マンション売却を成功させたいなら、イエウールで、一括査定をしましょう。

マンション一括査定サイト;イエウールの詳細については、下記をクリックして、ご確認ください。

マンション売却 無料一括査定:イエウールのページはこちらをクリック>>>